Pages

Subscribe:

2011-07-24

PHPの基礎~変数(補足)

前回記事の補足です。

変数名について

変数にはほぼ自由に名前をつけることが可能ですが、
変数名は自分が直すとき、
また仕事上で他人が見たり直したりするような場合なども考えて、
何か意味のある名前を付けておくようにすると良いようです。


例えば名前を入れておく変数なら「$name」、
住所を入れておくなら「$address」といった具合です。

ただ、変数名が長くなると綴りを間違えたり一文字抜けてしまって、
Eclipseにエラーが出ていないのにプログラムが動かないということが
起こりうるので、コピーペーストを活用するとミスを防ぐことができます。

「.(ドット)」を使う

前回はこのように変数を使い文字列を表示させました。
echoを使った文が3行になっていますが、これを1文にまとめることができます。
変数と文字列(もしくは変数と変数) は「.(ドット)」でつないでひとつの文にすることが
できます。
このようにスッキリとまとめることができます。
表示結果は同じ。
覚えておくとけっこう便利です。

0 件のコメント:

コメントを投稿